小石川柳町クリニックは地域のかかりつけ医として、お子さんとご家族の健康をサポートします。

当院は、完全予約制をとっています。
待合室の混雑による患者さん 相互の感染リスクを減らすため、検査や説明に十分な時間をとるために行っています。皆様のご理解とご協力をお願いします。
予約は電話、インターネット のいずれでも受け付けます(小児予防接種はインターネットのみ)。

予約開始日時

小児科
一般診察
当日朝7時から
小児科
健診、予防接種
30日前から(予防接種は3日前まで)
内科診察
(一般、健診、予防接種の区別なし)
30日前から

インターネットでの来院予約

クリニックからのお知らせ

抗インフルエンザ薬の予防投与について

予防投与に用いることができるのは、タミフル、イナビル、リレンザの3種類の薬剤です。以下の2条件をともに満たす場合に適応となります。診察代や薬剤費など全額自費負担になります。

  • 同居する家族などがインフルエンザにかかった
  • 高齢者や持病があるなど、インフルエンザにかかると重症化しやすい方

これ以外の条件(適応外使用)で希望される場合は、外来でご相談下さい。

詳細はこちら

インフルエンザウイルス流行株の最新情報(2019年2月5日現在)

都心4区(足立、板橋、豊島、港)におけるインフルエンザウイルス分離株の最新情報では、年内優位だったA/H1N1pdm09に対して1月後半からA/H3N2が急速に優勢になっています。B型も少しずつ出始めています。A/H3N2は抗インフルエンザ薬ゾフルーザに対し耐性が生じて効きにくくなることが指摘されています。

関連情報はこちら

インフルエンザワクチンの予約を再開しました

接種がまだお済みでない場合は、新年あるいは流行期に入ったあとでも、1回でも接種されることをお勧めします(注)。

注)日本では13歳未満では2回接種が多く行われますが、WHOや米国では効果にほとんど差のない1回接種が推奨されています(ただし、6ヶ月~8歳で過去に接種歴の無い場合には2回接種)。

風疹流行とワクチン不足:当院からのお願い

首都圏の風疹流行によりワクチン接種希望者が急増し、都内では診療所のワクチン不足が問題になっています。風疹に対しては、風疹単体あるいはMRワクチンが利用できます。MRワクチンは1歳および就学前の定期接種に毎年200万人分が使用されますが、余剰分は40万本分に過ぎません。成人のMRワクチン消費がこのまま進めば、遠からず小児の定期接種が実施できなくなる深刻な事態が予想されます。実際、2013年の風疹流行時にはMRワクチンが不足し、定期接種が中止されました。

そこで、次の様にお願いします。

風疹抗体価をまず確認して下さい。当院の経験では8割くらいの成人の方は、すでに十分な抗体量を保持されています。

本年度インフルエンザ予防接種のお知らせ

  • 予約受付開始9月1日
  • 実施期間10月1日~2月28日
  • 対象年齢1歳0ヶ月以上
  • 実施時間
    小児科(中学生まで) 金曜午後、土曜、日曜を除く診療時間
    内科(高校生以上) 金曜午後、土曜、日曜
  • 事前予約が必要です。小児科予約はインターネットのみ、内科予約は電話、インターネットで受け付けます。
  • 小児科接種に付き添うご家族の接種は同時に行います。近接した小児科枠でインターネットからお申込み下さい。
  • 他のワクチンとの同時接種が可能です。

ワクチン不足のお知らせ

現在、以下のワクチンが不足しています。予約される前に必ず電話でご確認下さい。

二種混合(DT)ワクチン

詳細カレンダー

当院は抗菌薬の適正使用に努めています

クリニックについて

診療カレンダー

小児予防接種、乳幼児健診は、金曜午後、土曜、日曜は行っておりません。

小児科一般診察予約は、当日の午前7時から開始します。

診療科目
小児科・内科
所在地
〒112-0002
東京都文京区小石川1-13-9クリオ文京小石川103
来院予約
03-5805-3749

※小児予防接種はインターネット予約のみ

インターネット来院予約はこちら

QRコード
ご予約用QRコード

こどもの東京救急

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
ワクチンの解説はこちらから

オトナのVPD 思春期から高齢者までのワクチンで防げる病気
オトナのVPD
思春期から高齢者までの
ワクチンで防げる病気


舌下免疫療法についてはこちら